男女

国保連との情報共有は伝送ソフトが最適|事務作業がスムーズ

破綻を回避

シニア女性と介護師

自立した生活が送れます

身の回りにある家事を始めとする作業は自分自身の手で万事取り組まなければ誰も処理をしてくれず、やがて生活が破綻する恐れがあります。しかし、成人前の社会性を十分に身につけていない若年層は勿論、身体に不自由がある場合には他者の社会的援助が不可欠です。人体は年齢を重ねる毎に身体の不調が増えていきますので、超高齢化社会が見込まれている日本では適切な社会的援助方策が必要になっています。近年、サービス付き高齢者向け住宅が注目を集めています。サービス付き高齢者向け住宅は通常の賃貸物件と同様に敷金や家賃、サービスの対価は必要ですが初期費用は比較的安く済みます。また、キッチンが設置されていれば自炊も可能等、多様な生活習慣に対応しています。

既存住宅もサービス付き高齢者向け住宅として活用できます

高齢化社会を迎えている日本社会において高齢者向けのサービスの充実が急がれています。介護士養成等の人的資源だけではなく老人ホームの確保も望まれていますが、有料の老人ホームは入居するために高額の入居一時金が必要になることが多く、公的施策として建設しているために安く入居できる特別養護老人ホームは十分な施設数を確保できていないのが現状です。そのため、ある程度の自活ができる高齢者に対して有効な対処としてサービス付き高齢者向け住宅の普及が進められています。サービス付き高齢者向け住宅は基本的な自活ができているので、高齢者が増加した住宅地や空室の増加した既存住宅を適切なリフォームをしてサービス付き高齢者向け住宅として有効に活用する取り組みが進められています。

Copyright© 2016 国保連との情報共有は伝送ソフトが最適|事務作業がスムーズ All Rights Reserved.